卒業式のレンタル袴を全国宅配

着物&袴の着付け方

「着付けは難しい?」いえいえそんなことはありません!

リクエストの多かった着物&袴の着付け方をご紹介します。
ちょっと着付けをかじったことのある方なら案外簡単に着付けられます。
ご家族など着付けて下さる方と、前日の予行練習しておくと安心ですね!

※少しでも着付けを経験された方を想定しておりますので、ボディ補正などは省略しております。ご了承ください。


着物&袴の着付け方

  1. 長襦袢のえりには襟芯を通し、袴のすそから長襦袢が覗いてこないように、左を前に、短めに着付けます。腰ひもを使いウェストの部分で結びます。
  2. 襟元をきっちりと合わせ、腰ひも、伊達締めで仕上げます。
  3. 長襦袢の上に、着物をはおり、長襦袢の襟が覗かないように、長襦袢・重ね襟・着物を洗濯ばさみで止めておきます。
  4. 着物も長襦袢同様、短めに着付けます。ウェストをしっかり腰ひもで結びます。
  5. 下前(右側)にコーリンベルトをはさんで、後ろへまわします。(この時、着物と重ね襟をきっちり合わせておくこと)
  6. 後ろから前にコーリンベルトを回して、上前(左側)にはさみます。
  7. 襟元をきれいに整えて、腰ひもと伊達締めで結びます。
  8. 袴下帯を後ろから前に2回まわします。この時、袴の位置を決めておいてください。(丈が長すぎたり短すぎたりならないように)
  9. 帯の長い方が上にくる様に、一度結んでおきます。
  10. 帯の長い方を20cmくらいにたたみます。
  11. 背中の真ん中でタックをとり、リボンを作ります。
  12. 短い方の帯を上から通して、下へ引き下ろします。(帯結びはあまり大きくならないようにします)
  13. 袴は、ひもが太く、白いヘラがついている方が後ろ。細いひもの方が前になります。
  14. 袴の中央に立ちます。
  15. 前は、袴下帯が2〜3cm見えるくらいの位置に合わせます。
  16. 後ろから見たところです。
  17. 背中でひもを交差させ、一度結びます。
  18. 前にもう一度ひもをまわして、右前で交差させます。
  19. 後ろへまわして、帯の下で結びます。
  20. 袴の後ろのヘラをひもと帯の間に挟みます。
  21. 背中のふくらみがあまり高くなりすぎないよう整えます。
  22. 前へひもをまわして、右側で交差させます。(左側でもOK)
  23. 一度結びます。
  24. リボン結びを作ります。(リボンは左側でもOK)
  25. 長い方のひもを下から通します。
  26. 通したひもを前にたらして結びをきれいに整えます。
  27. 袴の着付けが完成です!
    真横から見たところ

準備は怠らずに卒業式をおもいっきり楽しんでくださいね☆

TOPへ戻る

ご利用インフォメーション


ページトップへ
定番でキュートに!ニ尺袖スタイル ×
目立つ事間違い無し!袖ながスタイル ×
大きいサイズ(19号〜29号) ×
トールサイズ(166cm〜173cm) ×
先生にお勧め ×